Selasa, 11 Februari 2020

ダウンロードときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+) Book 門賀 美央子 4635202305

ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)


ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)
4.7 5つ星のうち 5 カスタマーレビュー

ダウンロードときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+) Book 門賀 美央子 4635202305 - 内容紹介 大好評「ときめく図鑑」の新ラインナップ「ときめく図鑑+(プラス)」がスタートします。 テーマは森羅万象。さまざまな対象にときめきます。 そして一冊目の刊行は、『ときめく妖怪図鑑』。かつてない「妖怪本」の誕生です。 眺めて楽しく読んで納得の妖怪カルチャーブックをお楽しみください。 )巻頭言 東雅夫 story 1 妖怪ってなんだろう?(画・加藤正) 妖怪とは?/妖怪の条件/上代の妖怪/中世の妖怪/近世の妖怪/近代の妖怪/現代の妖怪 story 2 美麗妖怪型録(画・アマヤギ堂) 鬼 総論/天邪鬼(天探女・天逆毎・黄泉醜女)/目一つの鬼/温羅・悪路王/津軽の大人・三吉鬼/前鬼・後鬼/鬼一口(今昔・松原)/酒呑童子/酒呑童子の四天王+鬼童丸/安達ケ原の鬼婆/鬼女紅葉・鈴鹿御前/天狗 総論/猿田彦/崇徳上皇/八大天狗/河童総論/ミンツゥチ/遠野の河童/猿猴/河太郎・ひょうすべ/ケンムン・キジムナー/ねねこ河童/九千坊河童/山の妖怪 総論/ヤマタノオロチ/一本だたら/山彦/山姥・山父・山童/ひだる神/さとり/雪女/水辺の妖怪 総論/龍/牛鬼/大はまぐり/船幽霊/七人ミサキ/人魚/女郎蜘蛛/狐狸 総論/葛の葉/九尾の狐/白蔵主/四国八百八狸/赤殿中/人里の妖怪 総論/鵺/犬神/化け猫/件/アマビエ/小豆研ぎ/垢舐め/砂かけ婆・ぬりかべ/子泣きじじい・一反木綿/毛羽毛現/否哉・のっぺら坊・豆腐小僧/見越し入道/ story 3 妖怪に会いに行く! (画・佐藤昌美) 妖怪の聖地 境港/妖怪の古里 遠野/妖怪の城下町 臼杵/鬼の本拠地 大江山/昔話の源流 鬼城山/妖怪名所一覧/妖怪旅をするときには story 4 妖怪を学ぶ 妖怪から何を学ぶか/博物学と妖怪/民俗学と妖怪/歴史学と妖怪/文化人類学と妖怪/宗教と妖怪 story 5 妖怪と遊ぶ 郷土玩具(東日本/郷土玩具(西日本)/御札・お守り/現代作家造形/小説・漫画/特別寄稿 妖怪図鑑を作った人 本山桂川 内容(「BOOK」データベースより) わたしには、“物の怪”がいれば、生きていける…“怪”を巡る5つのStory。 商品の説明をすべて表示する

ダウンロード PDF 読む オンライン

商品の説明 ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)

タイトルときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)
作者門賀 美央子
ISBN-104635202305
発売日2016/7/8
フォーマット単行本(ソフトカバー)
カテゴリー
顧客評価4.7 5つ星のうち 5 カスタマーレビュー
ファイル名ときめく妖怪図鑑-ときめく図鑑.pdf
ファイルサイズ29.26 MB (現在のサーバー速度は 22.73 Mbps

以下は、ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)で最も役立つレビューの一部です。この本を買うか読むかを決める前に、これを検討する必要があるかもしれません。
近年、ご縁を頂き妖怪の出てくる小説を読む機会があった。また、同時期に『妖怪絵』であるとか『妖怪展』というものを観に行く機会があった。そうして『妖怪』という存在に興味をいただいたものの、どこから手を出したらよいのか考えあぐねいていた。妖怪入門とも言うべき特集雑誌やムック本はある。それらの雑誌も面白いが、あともう一歩、もう少し深く知りたい。とも感じると。子供、児童向けの妖怪特集本では少しばかり気恥ずかしく、大人向けになるととたんに専門的にみえてもしまう。子供のころには怖いという印象が強かった彼らの、別の側面を大人になってから知ったものだから。いまさらどこから手を付けたらよいのか。敷居が高いように感じられ、『妖怪』というジャンルが私にとってすでに妖怪のように摩訶不思議であった。そんなものだから、この本のタイトルをみて飛びついた。なんだかおもしろそうではないか。この本の語り方はとても丁寧でわかりやすい。たぶん、中学生か、活字慣れした小学生でも読めるのではないか……というくらい。わかりやすいのは、どれもこちらに語り掛けてくる言葉なのだと思う。けれどもその内容は、がっしりと深く、面白い。博物学、民俗学までも絡めてくださるところが、読み応えがあり、五十代六十代になってから読んでも面白い内容である。巻末に妖怪文芸ブックガイドがあることや、参考文献があるところから、この本を皮切りに、もう少し深くこの世界にのめりこめる……興味が深まるのも、嬉しい。縁のある場所の案内や、旅をするときの諸注意まで優しく書かれており、どこまで読んでもいたれりつくせりだ。装丁、挿絵も近寄りやすくて眺めているととても和む。どの妖怪にもなにやら愛嬌があるのだ。だからだろうか。幼いころに怖いだけの存在であった彼らが、親しみやすさを兼ね備えているようで、どのページを開いても気持ちが和らぐ。怖い、だけではない。不思議さを感じさせてくれる。妖怪について幅広くしりたいが、どこから手をだしたらよいのかつかめない……そんな人に強くオススメでき、長らく手元に置いておきたいとも思わせる。妖怪図鑑であると同時に、妖怪の世界の道案内をしてくれるような書籍であった。大満足である。
イラストが絶妙な可愛さで楽しく読めました。妖怪の解説が歴史まで含めて詳しくて、より興味が持てました。図鑑なのでどこからでも読めるから、何度もパラパラめくって読んでます。続編 欲しくなりますね。
Tags: ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+) PDF ダウンロード ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+) PDFときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)のePub ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)ダウンロード ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)オーディオブック ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)ダウンロードブック ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)発売日 ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)試し読み ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)ネタバレ ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+) amazon ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+) download ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+) kindle.

0 komentar:

Posting Komentar

Popular Posts

Blog Archive