Minggu, 26 Januari 2020

ダウンロード 昭和ごはん無料 ePub 高橋良枝 4023330663

昭和ごはん


昭和ごはん
4.9 5つ星のうち 2 カスタマーレビュー

ダウンロード 昭和ごはん無料 ePub 高橋良枝 4023330663 - 内容紹介著者は、「暮らし」系の書店員に評価の高い リトルマガジン「日々」の編集長。 本書では、昭和の家庭のごはんを年代で切りながら、 時代背景も添えつつ、 20年代から60年代まで展開していきます。 和食だけでなく、 家庭の食事に洋食が浸透してくる感じがわかるのも面白い。 この70代の著者にしか語れない昭和の料理を紹介し、 その料理の背景や昭和という時代の匂いもからませた 読み物と料理の本です。 ――内容―― 関東はかつお節 関西は昆布 家庭ご飯の調味料は「さしすせそ」 【春】 日本の春を告げる竹の子(竹の子土佐煮・竹の子ご飯) 醤油色のふき、翡翠色のふき(ふきの翡翠煮) おひたしとかつお節(わらびのおひたし・わらびの信太巻) お花見と桜飯は春の喜び(桜飯) 雛祭りと凍みこんにゃく(白和え) ほか 【夏】 待ち遠しい空豆の季節(空豆の煮物・空豆と海老のかき揚げ) きゅうりもみは昭和の夏の風物詩(キュウリの酢の物4種) ごま和えか?ごまよごしか?(いんげんのごま和え・人参とアスパラのごま和え) 関東の昔の味?枝豆の甘辛煮(枝豆の甘辛煮) 少しずつ残ったもので始末の料理(豚肉とピーマンの炒め煮) ほか 【秋】 秋はさんまとやってくる(さんまの梅干煮・さんまの塩焼き) 湯豆腐と水コンロ(煎り豆腐・湯豆腐) 里芋がなかったら作れないおかず(里芋の白煮・けんちん汁) コロッケの卵とじお弁当(じゃがいもコロッケ・コロッケの卵とじ 他) ずいきは幻の野菜?(ずいきのごまだれ・ずいきの煮物) ほか 【冬】 ふろふき大根、名前の由来(ふろふき大根) 奇数好みの五目料理(炊き込み五目ご飯・五目豆) 子かぶはどこへ行った(かぶの煮物・かぶの皮の塩揉み) 女優が作る牛肉のしょうが煮(牛肉の時雨煮・牛肉の付け焼き) 卯の花とおからと大正コロッケ(煎りおから・大正コロッケ) ほか ●箸休めの保存食や常備菜は家庭の味 きゃらぶき、和風ピクルス、昆布と実山椒の佃煮、ほか内容(「BOOK」データベースより)シュッ、シュッ、かつお節を削る音。トントン、きゅうりを切る音。ジュージュー、さんまを焼く音。コトッ、コトッ、ふろふき大根を煮る音。懐かしい台所の音が、一冊に込められている。季節の「旬」を味わうレシピ70。「日々」の暮らしの中で紡いで来た昭和の家庭ごはん。著者について【著者】高橋良枝 「日々」編集長。1942年横浜生まれ。編集者として多くの雑誌や書籍、PR誌の編集に携わる。2005年、料理家・飛田和緒、カメラマン・公文美和、スタイリスト・久保百合子たちと、料理や器、旅などをテーマにしたリトルマガジン『日々』を立ち上げる。好きなもの、気になるものがあれば東へ、西へ。70歳過ぎた今なお、フットワーク軽く取材へ向かう。訪ねた人、場所は数知れず。作り手たちの暮らしのなかの、小さな物語、を紡ぎつづけている。著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)高橋/良枝 1942年横浜生まれ。『日々』編集長。大学卒業後、出版社に入社、雑誌の編集に携わる。出産後7年間、2人の子どもを育てる専業主婦として、明治生まれの家事上手な祖母から学んだ料理や、新しい料理、菓子作りにいそしむ。30代半ばでフリーの編集者、ライターに。42歳で編集プロダクション「アトリエ・ヴィ」を設立、多くの雑誌や書籍の編集、PR雑誌を制作。60歳を過ぎて料理や器、旅などをメインテーマにしたリトルマガジン『日々』を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ダウンロード PDF 読む オンライン

商品の説明 昭和ごはん

タイトル昭和ごはん
作者高橋良枝
ISBN-104023330663
発売日2016/1/20
フォーマット単行本
カテゴリー
顧客評価4.9 5つ星のうち 2 カスタマーレビュー
ファイル名昭和ごはん.pdf
ファイルサイズ28.86 MB (現在のサーバー速度は 28.23 Mbps

以下は、昭和ごはんで最も役立つレビューの一部です。この本を買うか読むかを決める前に、これを検討する必要があるかもしれません。
作り方が分かりづらく書かれていますが、読んでて面白いです。著者の想い出が書いてあったり、その料理の歴史が書いてあったり。レシピ本として購入!と言う感じではないのかな。時短で料理しなければいけない主婦にとっては、少々読みにくいレシピ本だと思いました。でも、使える昔ながらのレシピも有り、私にとっては☆5つです。
昭和の...というのは、手をかけて工夫する時代の意味として、使っていると感じました。西の昆布出汁に対する想いが深い著者のようで、著者の子供時代、東の醤油色になってしまうことを嘆いている部分の記述には苦笑させられました。皆が違うから、食は楽しみも学びもあるのに、西に感化された気持ちをおさえられないような記述は、ご本人の思いだとしても、少しさびしく感じ、距離感をもちました。料理の写真はきれいで、文章も解り易い。西で生まれて育たれた方なら、気持ちよく読める本だと思います。
Tags: 昭和ごはん PDF ダウンロード 昭和ごはん PDF昭和ごはんのePub 昭和ごはんダウンロード 昭和ごはんオーディオブック 昭和ごはんダウンロードブック 昭和ごはん発売日 昭和ごはん試し読み 昭和ごはんネタバレ 昭和ごはん amazon 昭和ごはん download 昭和ごはん kindle.

0 komentar:

Posting Komentar

Popular Posts

Blog Archive