Rabu, 29 Januari 2020

ダウンロード小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫) Book ePub 山根 一眞 4062815702

小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)


小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)
4.2 5つ星のうち 52 カスタマーレビュー

ダウンロード小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫) Book ePub 山根 一眞 4062815702 - 内容紹介 日本人技術者の技術力とすさまじい努力がもたらした奇跡。「はやぶさ」の60億キロの宇宙の旅を描いたベストセラー、待望の文庫化。 内容(「BOOK」データベースより) 2010年6月―小惑星探査機「はやぶさ」の地球への帰還。60億キロを、7年間かけて旅をし、様々な困難を乗り越えて、遙か彼方の小惑星イトカワから星のかけらを持ち帰った「奇跡」は、天文ファンのみならず日本中を感動の渦に巻き込んだ。日本人の技術力と探究心、圧倒的な努力が結実したその大冒険を長期にわたって取材した、感動のノンフィクション。映画化もされたベストセラーを待望の文庫化。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 山根/一眞 ノンフィクション作家。1947年、東京都に生まれる。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。現在、獨協大学経済学部で講義を担当。宇宙航空研究開発機構(JAXA)嘱託、福井県文化顧問、理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、NPO法人子ども・宇宙・未来の会「KU‐MA」理事。NHKキャスターを通算7年、愛知万博では愛知県総合プロデューサーも務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ダウンロード PDF 読む オンライン

商品の説明 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)

タイトル小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)
作者山根 一眞
ISBN-104062815702
発売日2014/10/21
フォーマット文庫
カテゴリー
顧客評価4.2 5つ星のうち 52 カスタマーレビュー
ファイル名小惑星探査機-はやぶさの大冒険-講談社-α文庫.pdf
ファイルサイズ20.88 MB (現在のサーバー速度は 27.3 Mbps

以下は、小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)で最も役立つレビューの一部です。この本を買うか読むかを決める前に、これを検討する必要があるかもしれません。
宇宙研スタッフの多大な協力は、まさにそのためのものだったようです。 ルビが最小限なため実際には中1程度ではちょっと難しいかも知れませんが、それでも本書の“面白さ”は伝わるでしょう。また、日頃科学技術に関心の薄い大人たちにも是非一度手に取って読んでみて欲しい一冊です。 はやぶさ人気と日本の科学技術への関心の高まりを一過性のものにしないために、是非;何となれば、その興味・関心、夢や憧れが、必ずや次代の日本の技術立国としての礎を守り、更に発展させていく原動力になるものと強く信じるからです。(特に、目先…任期中の経済効果ばかりを声高に云々し、科学技術に対する長期的視野と理解を持とうとしない人々に是が非でも一読願いたい) さて、本書はいわゆる解説本ではなく、また単なる対談集でもありません。また、客観的事実だけを淡々と列挙したドキュメンタリーでもありません。 本書は、はやぶさと、はやぶさに関わる人々の(知られざる部分まで含めた)行動・言動、そしてはやぶさ自身の科学的・技術的情報を、プロジェクトの進行に沿って、著者の主観も交えつつまとめあげた、“一風変わったドキュメンタリー”です。 この“一風変わった”と言うところがミソで、単にプロジェクトチームの言葉を並べるだけでなく一市民としての素朴な感情を交えることで、或る種の小説を読むように感情移入させられました;それは決して不快なものではなく、むしろ心地良いものでした。 科学技術に或る程度馴染みのある方にとってはやや退屈に思えるかも知れない箇所もありますが、そこに著者の想いや感想を書き加えることで、退屈さを感じさせないようになっております。 部分的には知っておりましたが、まさかはやぶさが…プロジェクトが晒されてきた状況が如何に過酷で困難なものであったか、本書を読んで改めて思い知らされました。 その並大抵ではない苦難を遮二無二乗り越えようとする関係各位のその時その時の姿は、ただただ圧倒されると同時に、強い共感を禁じ得ません。 私が一番涙したのは、(著者には失礼ながら)9章最後の、“「はやぶさ」、そうまでして君は。”と題した、川口プロジェクトマネージャーの一文でした。 氏は決して文筆のプロではない筈ですが、なにがしかの事物に強い想いを抱いて深く関わり続けた人の紡ぐ言葉の重み・深みには、人の心を揺さぶる何かが宿るようです。“複雑な想い”と言う単純な言葉では表現し尽くせない…いっそ苦痛と共にようよう搾り出した、とでも表したくなるような…華々しさとは無縁な痛み・悲しみ、そしてそんな感傷的なもののみに終わらない、未来への希望が込められた、静かな、しかしとても力強い一文でした。 巻末に、はやぶさの最期、大気圏再突入時の写真が見開きで掲載されています。 確か、川口プロマネにも進呈され、宇宙研に飾られていたものだったと思います。 はやぶさが、ただ虚空に消え去るのではなく、確かなものを地上の人々にもたらしてくれた…はやぶさと私達が、断絶されること無く繋がっているのだと表現する、素晴らしい写真です。(この写真を見ると哀しい気持ちになる、と言ったようなことを、先日とあるTV番組で川口プロマネが語っておいででした) もし人が想いを寄せた全てのものに魂が宿るなら…心が宿るなら、その死を決して無駄には出来ません。 はやぶさは、大切な卵を地球に届けてくれました。一つはサンプル採取カプセル。そして、もう一つは、日本の科学技術に対する希望です;夢と言っても良いかも知れません。 もしかしたら、その内の一つは孵ることなく終わるかも知れません。けれど、残る一つは何としても孵さなくては…。それこそは、間違いなく彼の遺志を叶えることに他ならない筈だからです。 …そんなことを考えさせる一冊でした。 因みに、本の右端をご覧ください。はやぶさが、パラパラマンガのように、ページ毎に少しずつ、ゴール(下)へと移動しているのが分かります;こんな細かいところにまで拘る辺り、流石だなぁと感心しました。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−('10-9-26 追記) 川口プロジェクトマネージャーの言についてですが、TVではなくラジオの誤りでした;確か、NHKラジオ第一の『私も一言 夕方ニュース』の中でのことだったと思います。
ようやく、はやぶさ君が帰ってくるまでのお話を含んで、はやぶさ君を生み出したチームの一人ひとりに焦点をあてたルポが読めました!当初は帰還直前の出版予定だったのを、山根さんのご判断で「やっぱり帰還まで入れよう」と予定を延ばしたとのこと。ナイスなご判断だったと思います。帰還まで入ってこそ、存分に涙できるというものです。川口さんのはやぶさ君への最後のメッセージと、見開きのはやぶさ君帰還の写真……もう、涙がとまらなくて……さすがに山根さんだけあって、文系の私にもスラスラ読めるわかりやすさ。難しい物理などわからなくても、はやぶさ君がどれだけすごかったか、よくわかります。はやぶさ君が宇宙に旅立った打ち上げセンターのボロっぷり。ターゲットマーカーの仕様に、あの日本伝統の、子供にも身近な例のモノを応用したこと。カプセル君を回収する訓練を、日本人が昔から日常生活でよくお世話になっている、その辺で売っている例のモノを使って行ったこと。こんな風に、思わずほほがゆるんでしまうエピソードも満載です。はやぶさ君プロジェクトの各分野を担当した代表者のキャラクターも、彼らの実感こもった言葉で浮き彫りになっています。みなさん大変優秀で、手が切れるほど頭がいい方々ばかりのはずですが、少年のようにプロジェクトに取り組んで、とても楽しいチームだったのではないかな……という印象を持ちました。欲を言えば、さすがに山根さんだけあって、かなり淡々とした印象で話が進んでしまうような印象が少しありました。素人的には、読み物として「このへんもうちょい盛り上がっても〜」などと思ってしまう部分もありました。が、そうした淡々とした語り口がかえって「はやぶさ君って、すごくてかわいいヤツだった」という印象につながるような気もします。すこし真面目な感想です。はやぶさ君は、米国があっと驚くボロい施設から、米国があっと驚く低予算で打ち上げられて、いくつもの世界初を達成し、世界をあっと言わせました。米国がほぼ対等な目線でプロジェクトに協力してくれたのも、彼(はやぶさ君)が「世界で一番」だったからではないでしょうか。ここは、二番じゃだめなんですよ、やっぱり。世界的にはベンチャー企業並みの陣容と予算で、宇宙大国をあっと驚かせることをやってのける力が、日本の宇宙開発技術にあるからこそ、世界から一目おかれて各国に色々な協力をお願いできるのではないでしょうか。世界一・世界初の技術は、未来につながる日本の希望なのだな……と、改めて(何度目だか)実感しました。しかもそれを、米国が驚くような低予算でやってのけた。はやぶさ君は格安でお得なコなのです。ぜひ、彼の後継機と、その成果に期待したいと思います。
Tags: 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫) PDF ダウンロード 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫) PDF小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)のePub 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)ダウンロード 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)オーディオブック 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)ダウンロードブック 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)発売日 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)試し読み 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫)ネタバレ 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫) amazon 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫) download 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 (講談社+α文庫) kindle.

0 komentar:

Posting Komentar

Popular Posts

Blog Archive